美味しい炊き方

1.お米を量る

お米を計量カップで正確に量り、ボールなどの研ぎやすい容器に入れます。

2.すすぐ

最初の水は、米がヌカ臭さを吸ってしまわないように手早く捨てて下さい。
(洗米する前に一度お米をすすぐのは、お米の表面についているヌカやホコリを取り除く為)
※無洗米でも、一度軽くすすぐ事をお勧めします。
その際、お米に水を注ぐと若干のにごりが出ますが、これはデンプンが溶けだしたものです。

3.洗米

かき混ぜながら洗い、白濁食がなくなるまで3回~4回ほど繰り返します。
(現在は精米技術が進歩した為、昔のようにゴシゴシと力強くお米を研ぐ必要はありません)
※玄米・無洗米は洗米する必要はありません。

4.水加減

研いだ後は、ザルに上げしっかりと水を切ってから、炊飯器の内釜へ移し、水加減は米の分量の1.1倍~1.2倍ぐらいが目安。ただし、水加減はお好みで調整してください。
(ミネラルウォーター/軟水や蒸留水を使用するのであれば、この時に使用するのがオススメです)
※無洗米の場合、米1カップにつき、大さじ1杯くらいのお水を足すとふっくらした柔らかな炊きあがりになります。柔らかめの炊きあがりがお好みの方は、2杯位入れて柔らかさをご調整ください。

5.浸水

そのまま、最低30分は浸水させ、お米に水をしっかり吸わせてから炊き始めてください。

6.蒸らし

ごはん粒の水分を均一にするため、炊き上がってもすぐに蓋を開けずに5分~10分ほどそのままにして蒸すらします。

7.シャリ切り

釜の底からごはん粒を壊さないように掘り起こすように切りながら混ぜます。 ごはん粒に冷気をあて、表面の蒸気水を飛ばす事で、歯応えの良い、光沢と透明感のあるごはんが出来上がります。